Mr.マイウェイの一人旅
Live My Way
日報

5.6日報。順位が落ちた原因はGoogleアップデート。

順位が落ちた原因はGoogleアップデート。

過去のGoogleコアアップデートとその影響

時期サイトA順位の影響サイトB順位の影響
2018年3月上旬下落なし
2018年4月16日なしなし
2018年8月1日上昇上昇
2018年9月24日の週(小規模更新)なしなし
2019年3月12日下落下落
2019年6月3日下落なし
2019年9月24日下落下落
2020年1月13日上昇上昇
2020年5月4日下落下落

2020年5月4日、Google コアアルゴリズムアップデート(May 2020 Core Update)実施

https://www.seo-square.com/may-2020-core-update/

Googleのコアアップデートについてウェブマスターが知っておくべきこと

https://webmasters.googleblog.com/2019/08/core-updates.html

What webmasters should know about Google’s core updates
Thursday, August 01, 2019

Each day, Google usually releases one or more changes designed to improve our search results. Most aren’t noticeable but help us incrementally continue to improve.

Sometimes, an update may be more noticeable. We aim to confirm such updates when we feel there is actionable information that webmasters, content producers or others might take in relation to them. For example, when our “Speed Update” happened, we gave months of advanced notice and advice.

Several times a year, we make significant, broad changes to our search algorithms and systems. We refer to these as “core updates.” They’re designed to ensure that overall, we’re delivering on our mission to present relevant and authoritative content to searchers. These core updates may also affect Google Discover.

We confirm broad core updates because they typically produce some widely notable effects. Some sites may note drops or gains during them. We know those with sites that experience drops will be looking for a fix, and we want to ensure they don’t try to fix the wrong things. Moreover, there might not be anything to fix at all.

Core updates & reassessing content

There’s nothing wrong with pages that may perform less well in a core update. They haven’t violated our webmaster guidelines nor been subjected to a manual or algorithmic action, as can happen to pages that do violate those guidelines. In fact, there’s nothing in a core update that targets specific pages or sites. Instead, the changes are about improving how our systems assess content overall. These changes may cause some pages that were previously under-rewarded to do better.

One way to think of how a core update operates is to imagine you made a list of the top 100 movies in 2015. A few years later in 2019, you refresh the list. It’s going to naturally change. Some new and wonderful movies that never existed before will now be candidates for inclusion. You might also reassess some films and realize they deserved a higher place on the list than they had before.

The list will change, and films previously higher on the list that move down aren’t bad. There are simply more deserving films that are coming before them.

Focus on content

As explained, pages that drop after a core update don’t have anything wrong to fix. This said, we understand those who do less well after a core update change may still feel they need to do something. We suggest focusing on ensuring you’re offering the best content you can. That’s what our algorithms seek to reward.

A starting point is to revisit the advice we’ve offered in the past on how to self-assess if you believe you’re offering quality content. We’ve updated that advice with a fresh set of questions to ask yourself about your content:

Content and quality questions

  • Does the content provide original information, reporting, research or analysis?
  • Does the content provide a substantial, complete or comprehensive description of the topic?
  • Does the content provide insightful analysis or interesting information that is beyond obvious?
  • If the content draws on other sources, does it avoid simply copying or rewriting those sources and instead provide substantial additional value and originality?
  • Does the headline and/or page title provide a descriptive, helpful summary of the content?
  • Does the headline and/or page title avoid being exaggerating or shocking in nature?
  • Is this the sort of page you’d want to bookmark, share with a friend, orecommend?
  • Would you expect to see this content in or referenced by a printed magazine, encyclopedia or book?

Expertise questions

  • Does the content present information in a way that makes you want to trust it, such as clear sourcing, evidence of the expertise involved, background about the author or the site that publishes it, such as through links to an author page or a site’s About page?
  • If you researched the site producing the content, would you come away with an impression that it is well-trusted or widely-recognized as an authority on its topic?
  • Is this content written by an expert or enthusiast who demonstrably knows the topic well?
  • Is the content free from easily-verified factual errors?
    Would you feel comfortable trusting this content for issues relating to your money or your life?

Presentation and production questions

  • Is the content free from spelling or stylistic issues?
  • Was the content produced well, or does it appear sloppy or hastily produced?
  • Is the content mass-produced by or outsourced to a large number of creators, or spread across a large network of sites, so that individual pages or sites don’t get as much attention or care?
  • Does the content have an excessive amount of ads that distract from or interfere with the main content?
  • Does content display well for mobile devices when viewed on them?

Comparative questions

  • Does the content provide substantial value when compared to other pages in search results?
  • Does the content seem to be serving the genuine interests of visitors to the site or does it seem to exist solely by someone attempting to guess what might rank well in search engines?

Beyond asking yourself these questions, consider having others you trust but who are unaffiliated with your site provide an honest assessment.

Also consider an audit of the drops you may have experienced. What pages were most impacted and for what types of searches? Look closely at these to understand how they’re assessed against some of the questions above.

Get to know the quality rater guidelines & E-A-T

Another resource for advice on great content is to review our search quality rater guidelines. Raters are people who give us insights on if our algorithms seem to be providing good results, a way to help confirm our changes are working well.

It’s important to understand that search raters have no control over how pages rank. Rater data is not used directly in our ranking algorithms. Rather, we use them as a restaurant might get feedback cards from diners. The feedback helps us know if our systems seem to be working.

If you understand how raters learn to assess good content, that might help you improve your own content. In turn, you might perhaps do better in Search.

In particular, raters are trained to understand if content has what we call strong E-A-T. That stands for Expertise, Authoritativeness and Trustworthiness. Reading the guidelines may help you assess how your content is doing from an E-A-T perspective and improvements to consider.

Here are a few articles written by third-parties who share how they’ve used the guidelines as advice to follow:

  • E-A-T and SEO, from Marie Haynes
  • Google Updates Quality Rater Guidelines Targeting E-A-T, Page Quality & Interstitials, from Jennifer Slegg
  • Leveraging E-A-T for SEO Success, presentation from Lily Ray
  • Google’s Core Algorithm Updates and The Power of User Studies: How Real Feedback From Real People Can Help Site Owners Surface Website Quality Problems (And More), Glenn Gabe
  • Why E-A-T & Core Updates Will Change Your Content Approach, from Fajr Muhammad

Links to the articles above are not endorsements of any particular SEO companies or services, nor an endorsement of any general SEO advice given by them. We simply found the articles themselves to be helpful starting points for those who want to conceptualize how to assess their content in terms of E-A-T criteria.
Note (March 2020): Since we originally wrote this post, we have been occasionally asked if E-A-T is a ranking factor. Our automated systems use a mix of many different signals to rank great content. We’ve tried to make this mix align what human beings would agree is great content as they would assess it according to E-A-T criteria. Given this, assessing your own content in terms of E-A-T criteria may help align it conceptually with the different signals that our automated systems use to rank content.

Recovering and more advice

A common question after a core update is how long does it take for a site to recover, if it improves content?

Broad core updates tend to happen every few months. Content that was impacted by one might not recover – assuming improvements have been made- until the next broad core update is released.

However, we’re constantly making updates to our search algorithms, including smaller core updates. We don’t announce all of these because they’re generally not widely noticeable. Still, when released, they can cause content to recover if improvements warrant.

Do keep in mind that improvements made by site owners aren’t a guarantee of recovery, nor do pages have any static or guaranteed position in our search results. If there’s more deserving content, that will continue to rank well with our systems.

It’s also important to understand that search engines like Google do not understand content the way human beings do. Instead, we look for signals we can gather about content and understand how those correlate with how humans assess relevance. How pages link to each other is one well-known signal that we use. But we use many more, which we don’t disclose to help protect the integrity of our results.

We test any broad core update before it goes live, including gathering feedback from the aforementioned search quality raters, to see if how we’re weighing signals seems beneficial.

Of course, no improvement we make to Search is perfect. This is why we keep updating. We take in more feedback, do more testing and keep working to improve our ranking systems. This work on our end can mean that content might recover in the future, even if a content owner makes no changes. In such situations, our continued improvements might assess such content more favorably.

We hope the guidance offered here is helpful. You’ll also find plenty of advice about good content with the resources we offer from Google Webmasters, including tools, help pages and our forums. Learn more here.

出典:https://webmasters.googleblog.com/2019/08/core-updates.html

<日本語訳>

Googleのコアアップデートについてウェブマスターが知っておくべきこと
2019年8月1日木曜日

Googleは通常、検索結果を改善するために設計された1つ以上の変更を毎日リリースしています。ほとんどは目立ちませんが、徐々に改善し続けるのに役立ちます。

場合によっては、更新がより目立つことがあります。ウェブマスター、コンテンツプロデューサーなどがそれらに関連して取得する可能性のある実用的な情報があると感じたときに、このような更新を確認することを目指しています。たとえば、「速度の更新」が行われたとき、何ヶ月も前から通知とアドバイスを行いました。

年に数回、検索アルゴリズムとシステムに大幅な変更を加えています。これらを「コアアップデート」と呼びます。これらは、全体として、関連性のある信頼できるコンテンツを検索者に提示するという使命を確実に果たすように設計されています。これらのコアアップデートはGoogle Discoverにも影響を与える可能性があります。

広範なコアアップデートは、一般に広く注目に値する効果を生み出すため、確認します

一部のサイトでは、その間のドロップまたはゲインに注意する場合があります。ドロップが発生したサイトのユーザーが修正を探すことはわかっているため、間違った点を修正しないようにしたいと考えています。さらに、何も修正する必要がない場合もあります。

コアの更新とコンテンツの再評価

コアアップデートでパフォーマンスが低下する可能性のあるページに問題はありません。これらのガイドラインに違反しているページで発生する可能性があるように、ウェブマスターガイドラインに違反しておらず、手動またはアルゴリズムによる操作も行われていません。実際、特定のページやサイトを対象とするコアアップデートには何もありません。代わりに、変更は、システムがコンテンツ全体を評価する方法を改善することです。これらの変更により、以前は見返りが少なかった一部のページのパフォーマンスが向上する場合があります。

コアアップデートの動作を考える1つの方法は、2015年に上位100本の映画のリストを作成したと想像することです。数年後の2019年に、リストを更新します。自然に変わります。これまでに存在しなかったいくつかの新しくて素晴らしい映画は、今や包含の候補になります。また、いくつかの映画を再評価して、彼らが以前よりもリストの上位に値することに気付くかもしれません。

リストは変更され、以前にリストの上位にある下に移動するフィルムは悪くありません。彼らの前に来ているより多くの価値のある映画があります。

コンテンツに焦点を合わせる

説明したように、コアアップデートの後にドロップしたページには、修正すべき問題はありません。これは、コアアップデートの変更後にあまりうまくいかない人でも、何かをする必要があるとまだ感じるかもしれないことを理解しています。できる限り最高のコンテンツを提供することに重点を置くことをお勧めします。それが私たちのアルゴリズムが報酬を求めているものです。

まずは、質の高いコンテンツを提供していると思われるかどうかを自己評価する方法について、これまでに提供してきたアドバイスを再確認してください。私たちはあなたのコンテンツについて自問するために新しい質問のセットでそのアドバイスを更新しました:

コンテンツと品質に関する質問

  • コンテンツは独自の情報、レポート、調査、分析を提供していますか?
  • コンテンツはトピックの実質的、完全、または包括的な説明を提供していますか?
  • コンテンツは明白ではない洞察に富んだ分析や興味深い情報を提供していますか?
  • コンテンツが他のソースを利用している場合、それらのソースを単にコピーまたは書き換えるのではなく、実質的な付加価値と独創性を提供しますか?
  • 見出しやページタイトルは、内容を説明する有用な要約を提供していますか?
  • 見出しやページタイトルは、誇張したり衝撃を与えたりすることを避けていますか
  • これは、ブックマークしたい、友達と共有したい、または推薦したい種類のページですか?
  • このコンテンツを印刷された雑誌、百科事典、または本で参照したり、参照したりしますか?

専門知識の質問

  • コンテンツは、明確なソーシング、関連する専門知識の証拠、著者またはコンテンツを公開しているサイトに関する背景情報(著者のページやサイトの概要へのリンクなど)など、信頼できる方法で情報を提示していますかページ?
  • コンテンツを作成しているサイトを調査した場合、そのトピックに関する権威として信頼されている、または広く認識されているという印象を覚えますか
  • このコンテンツは、そのトピックを明白によく知っている専門家または愛好家によって書かれていますか
  • 簡単に確認できる事実上の誤りがないコンテンツですか
  • 自分のお金や人生に関連する問題について、このコンテンツを信頼して安心していただけますか

プレゼンテーションと制作に関する質問

  • コンテンツにスペルや文体の問題はありませんか?
  • コンテンツは適切に作成されましたか、それともだらしのない、または急いで作成されたように見えますか?
  • コンテンツは大量のクリエーターによって大量生産またはアウトソーシングされているか、またはサイトの大規模なネットワーク全体に広がっており、個々のページまたはサイトがそれほど注意または注意を受けないようにしていますか?
  • コンテンツには、メインコンテンツを混乱させる、または妨害する過剰な量の広告がありますか?
  • モバイルデバイスでコンテンツを表示すると、コンテンツはうまく表示されますか?

比較質問

  • 検索結果の他のページと比較した場合、コンテンツは大きな価値を提供していますか?
  • コンテンツはサイトへの訪問者の純粋な興味に応えているように見えますか、それとも検索エンジンで何がランク付けされるかを推測しようとする誰かによってのみ存在しているように見えますか?

これらの質問を自問するだけでなく、信頼できる他の人にサイトに関係のない人に正直な評価を提供することを検討してください。

また、あなたが経験したかもしれない低下の監査を考慮してください。最も影響を受けたページと検索の種類は?これらをよく見て、上記の質問のいくつかに対してどのように評価されているかを理解してください。

品質評価者のガイドラインとEATについて知る

優れたコンテンツに関するアドバイスのもう1つのリソースは、検索品質評価者のガイドラインを確認することです。評価者とは、私たちのアルゴリズムが良い結果をもたらしているように見えるかどうか、私たちの変更がうまく機能していることを確認するのに役立つ方法について洞察を与える人々です。

検索評価者はページのランク付けを制御できないことを理解することが重要です。評価者のデータは、ランキングアルゴリズムで直接使用されません。むしろ、レストランでダイナーからのフィードバックカードを受け取る可能性があるので、それらを使用します。フィードバックは、システムが機能しているように見えるかどうかを知るのに役立ちます。
評価者が良いコンテンツを評価する方法を理解している場合、それはあなた自身のコンテンツを改善するのに役立つかもしれません。今度は、検索のほうがうまくいくかもしれません。

特に、評価者は、コンテンツに強力なEATと呼ばれるものがあるかどうかを理解するように訓練されています。それは専門性、権威性、信頼性を表しています。ガイドラインを読むと、EATの観点と考慮すべき改善点からコンテンツの状態を評価するのに役立つ場合があります。

以下は、サードパーティが作成したいくつかの記事で、ガイドラインをどのようにアドバイスとして使用したかを紹介しています。

  • EATとSEO、マリー・ヘインズ
  • Jennifer SleggのEAT、ページ品質、インタースティシャルをターゲットにした品質評価者ガイドラインを更新
  • EATのSEO成功への活用、Lily Rayからのプレゼンテーション
  • Googleのコアアルゴリズムの更新とユーザー調査の力:実際の人々からの実際のフィードバックがサイト所有者にWebサイトの品質問題(およびその他)を明らかにするのにどのように役立つか、Glenn Gabe
  • EATとコアの更新がコンテンツアプローチを変える理由、Fajr Muhammad

上記の記事へのリンクは、特定の SEO企業またはサービスを推奨するものではなく、SEOが提供する一般的なSEOアドバイスを推奨するものでもありません。記事自体が、EAT基準の観点からコンテンツの評価方法を概念化したい人にとって役立つ出発点であることがわかりました。

注(2020年3月):最初にこの投稿を書いたので、EATがランキング要素であるかどうかをたまに尋ねられました。私たちの自動システムは、多くの異なる信号の組み合わせを使用して、優れたコンテンツをランク付けします。私たちは、人間がEAT基準に従って評価するので、人間が同意するものは素晴らしいコンテンツであると一致するように、このミックスを調整しようとしました。このため、EAT基準の観点から自分のコンテンツを評価すると、自動化システムがコンテンツのランク付けに使用するさまざまなシグナルと概念的に一致させるのに役立つ場合があります。

回復とより多くのアドバイス

コアアップデート後の一般的な質問は、コンテンツを改善した場合、サイトが回復するまでにどのくらいの時間がかかるかということです。

広範なコアアップデートは数か月ごとに発生する傾向があります。影響を受けたコンテンツは、次の広範なコアアップデートがリリースされるまで、改善が行われたと想定して、回復しない可能性があります。

ただし、小規模なコア更新を含め、検索アルゴリズムは常に更新されています。これらは一般的にあまり目立たないため、これらすべてを発表することはありません。それでも、リリース時に、改善が必要であればコンテンツを回復させることができます。

サイトの所有者が行った改善は復旧を保証するものではなく、ページがGoogleの検索結果で静的または保証された位置にあることも覚えておいてください。より価値のあるコンテンツがある場合、それは引き続きGoogleのシステムでランク付けされます。

Googleのような検索エンジンは、人間のようにコンテンツを理解しないことを理解することも重要です。代わりに、コンテンツについて収集できるシグナルを探し、それらが人間が関連性を評価する方法とどのように相関するかを理解します。ページが相互にリンクする方法は、私たちが使用するよく知られた信号の1つです。しかし、結果の整合性を保護するために開示していない多くの項目を使用しています。

我々はテストし、それはライブ行く前に、我々は信号を計量しているどのように有益と思われるかどうかを確認するために、前述した検索品質評価者からのフィードバックを集めるなど、任意の幅広いコアの更新を。

もちろん、検索に対する改善は完璧ではありません。これが更新を続ける理由です。私たちはより多くのフィードバックを取り入れ、より多くのテストを行い、ランキングシステムの改善に取り組んでいます。私たちの側でのこの作業は、たとえコンテンツ所有者が変更を加えなくても、コンテンツが将来回復する可能性があることを意味します。そのような状況では、私たちの継続的な改善により、そのようなコンテンツをより有利に評価することができます。

ここで提供されるガイダンスがお役に立てば幸いです。また、ツール、ヘルプページ、フォーラムなど、Googleウェブマスターから提供されるリソースを使用して、優れたコンテンツに関するたくさんのアドバイスを見つけることができます。詳細はこちら。

投稿者:Danny Sullivan、検索のパブリックリエゾン

本日やったこと

【本日やったこと】
・昨日順位が落ちたので少し前に作成した記事を修正。
・外注さんにお仕事説明

明日やること

【明日やること】
・商標系記事作成(2記事)

本日のYoutube

マーケティングでの「未来の稼ぎ方」を解説する【5つのポイント】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です