Mr.マイウェイの一人旅
Live My Way
日報

2.8日報。アフィリエイト低迷。集客増えない。成約もしない。

今日は睡眠が浅く頭がさえなかったので、昼寝を入れながらの1日だった。

アフィリエイトは低迷している。
しばらく放置していたサイトに手をつけ始めて1週間以上。

集客もたいして増えず。
成約もかわらず。

施策が間違っているのだろうか?

本日やったこと

【今日やったこと】

・クラウドソーシングで外注したタスクの承認作業

・サイトBのカテゴリ修正と全体調整

・サイトBのサテライトサイトの3つ目に着手する
⇒ワードプレステーマ(xeory_base)
をインストール

・サイトBにランキングを地域別に2つ追加する

・サイトAのサテライトサイトのテーマを5つ決める

エアロバイク

明日やること

【明日やること】

・クラウドソーシングで外注した記事をサイトAに入れ込む

・サイトBのサテライトサイトの3つ目を完成させる

・サイトBのサテライトサイトの4つ目に着手する

・サイトBにランキングを地域別に2つ追加する

・サイトAのサテライトサイトのテーマ5つの記事を外注する

エアロバイク

最近のYoutubeについて

最近、Youtubeを見ることが多い。
半分以上は、中田敦彦のYoutube大学。
最近はビジネス書を扱っている。
「7つの習慣」「人を動かす」「金持ち父さん」など。

大学生の頃はビジネス書を読んだ。
「大前研一」「ビジョナリーカンパニー」「チーズはどこへ消えた」「金持ち父さん」「神田昌典のフォトリーディング」など。
あと、雑誌で「日経ビジネス」。
今、手元に残っているものはない。

また、当時メールマガジンが流行っていて、結構読んでいた。
「田中なんとかの国際政治」「がんばれ社長」「国際的ビジネスマン養成講座?」「週刊アカーシックレコード?」など。
これらもすべて読むのをやめた。

ビジネス書もメールマガジンも、読まなくても何の支障もなかった。
これらは、全く役に立たなかった。
むしろ、時間の無駄だったと思う。

本やメルマガを出している人が悪いわけではない。
自分とは関係なかったのだ。

本とかメルマガを読むのではなく、読むなら自分の専門の本、そして、その専門の仕事をすることの方が価値がある。
仕事で必要なのは、国際関係とか経済、経営のことではなく、年齢相応に仕事ができること(=経験の蓄積)である。

本やメルマガなんて読まなくても、日々、仕事に取り組むだけでよかったのだ。

そうして、20代半ば以降、ビジネス書を読むことはなくなった。

個人的な経験では、最近多いYoutubeを見ても、後から振り返ってみれば役に立たなかったと思うのだと思う。
これは、以前のビジネス本、雑誌、メルマガ、テレビが、Youtubeという動画に変わっただけである。

しかし、Youtubeはチャンネルが無数にあり、例えば中田敦彦のYoutube大学はわかりやすく、短くまとめてくれているので、時間もかからない。
ということで、Youtubeはこれからも見るだろう。

ビジネス書ではなく、小説やマンガを楽しく読む方が、人生は豊かになると思う。
もっと言えば、本を読まなくても、幸せな人はいるだろう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です