ダナン移住日記
ベトナムでPC1つで生きていく
米国株

Grabの株を1000株注文

Grab

タイトルのとおり、Grabの株を1000株注文した。
5年以上長期保有予定。

Grab株注文

画像のとおり、1株12USDで1000株買付。
円貨決済。現地約定予定日2021/12/03。
概算為替レート1USD=113.42円。
概算約定代金149万9092円。

ざっくり言えば、Grabの株を1000株、150万円で注文しました、ということ。
株価が1ドル上がれば、1000ドル(約10万円)の利益。
株価が1ドル上がれば、1000ドル(約10万円)の損益。

もちろん、上がることを期待している。
5年で30倍、1株300ドル。(=30万ドル=3000万円)
10年で100倍、1株1000ドル。(=100万ドル=1億円)

(追記1)売買成立

日本時間2021/12/03 23:30(ニューヨーク時間12/03 9:30)、ニューヨーク証券取引所が開いた後、無事に売買が成立した。
12ドルの指値で注文していたが、平均9.2ドルで買えたので、1000株で合計110万円で収まった。1株1100円。

リアルタイム株価

finviz dynamic chart for  grab

Grabとは

以下、Grabについて説明するが、かめ吉がベトナムで利用した体験に基づくものだ。
Grabは、ベトナム以外でも、マレーシアなど、東南アジアでサービスを展開している。

Grab Car (Grab)

日本にいると知る機会がないがGrabはUberのようなタクシー配車アプリだ。

Grabを知ったのは2年前の2019年12月。
前の仕事を辞めて、ふらっとベトナムに旅行に行った時。
タクシーよりもGrabの方が便利になっていた。

それ以前、2013年、2016年、2017年にもベトナムに行ったことはあったが、Grabを見た記憶はなく、3年ほどの間にGrabが普及していた。

Grabは以下の点で既存のタクシーより便利だ。

  • アプリで車を呼べる。道でタクシーを探す必要がない。
  • 車の現在位置、到着予想時間がわかるので、待っていて心配にならない。
  • 運転手と言葉が通じなくてもよい。行先はアプリで運転手に伝わっている。
  • 現金が必要ない。クレジットカード決済。
  • アプリが料金を計算するのでぼったくられる心配がない。
  • よいサービスだったらチップを払える。タクシーよりもよいサービスのことが多かった。
  • 料金がタクシーよりも安かった気がする。

Grabの悪い点は特に思い当たらない。

Grab Bike、Grab Food

Grabはタクシー以外にも以下のサービスを展開している。

  • Grab Bike
  • Grab Food

Grab BikeはGrab Carのバイク版だ。
Grab Carよりも料金が安い。
1人の移動ならGrab Bikeで十分だ。
Grab Carもすぐに来るが、Grab Bikeの方がさらに数が多い。

Grab FoodはUber Eatsだ。
Uber Eatsと同じで便利だ。
かめ吉にとっては、日本のUber Eatsは料金が高すぎて使わないが、ベトナムのGrab Foodはかめ吉にとってはリーズナブルだ。

コロナ前の2020年3月にベトナムのホイアンでアフィリエイトを専業でやっていた。
夕食以外は時間を節約して仕事をしたかったので、時々、Grab Foodを利用していた。

Grad FoodはGrab Carと同じ理由で便利だ。

  • アプリで料理を注文できる。
  • 配達員の現在位置、到着予想時間がわかるので、待っていて心配にならない。
  • 配達員と言葉が通じなくてもよい。受取場所はアプリで配達員に伝わっている。
  • 現金が必要ない。クレジットカード決済。
  • アプリが料金を計算するのでぼったくられる心配がない。
  • よいサービスだったらチップを払える

その他

Grabは、Grab Car、Grab Bike、Grab Food以外にも、Grab Pay、Grab Insuranceなど、他のサービスも展開している。

Grabというひとつのアプリでなんでもできてしまうことから、Grabのようなアプリは「Super app(スーパーアプリ)」と呼ばれている。

Grab株注文の理由

すでに説明したが、Grabというアプリがすごいからだ。
このすごさは日本のアプリにはない。
なにをもってすごいかというと、1つはユーザにとって使いやすいこと、もう1つは企業が儲かること、だ。

日本ですごいアプリというとLINEだが、LINEよりすごい。

LINEは、メッセージを送ったり、通話をしたりできるが、ユーザからすると、LINEでなくてもよい。Facebook MessengerでもSkypeでもWhatsappでも電話でもメールでもよい。メッセージツールなんてなんでもよいのだ。

LINEが儲かるかについてはよく知らないが、2012年頃、日本で流行しただけ、という印象だ。日本の市場規模は1億人だ。

一方、Grabは、一応競合はあるみたいだが、Grabが強い。一度Grabを使ったら他のアプリには行きたくない。これは、かめ吉の場合では、Amazonで買い物すると他のECサイトで買い物しなくなった、メルカリを使うとヤフオクを使わなくなった、のと似ている。GrabやAmazonやメルカリのような、単なるメッセージツールでないアプリにおいては、Winner takes all(勝者総取り)となる。

また、Grabの市場は、東南アジアで市場規模は8億人だ。日本の1億人より圧倒的に多い。
そして、ベトナムなど東南アジアの国々は経済発展が著しい。

8億人市場のスーパーアプリの案件なんて、今回を逃したらない。
それが、今日、Grab株を注文した理由だ。

来年になったらNISA枠でまた100万円分買いたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です