Mr.マイウェイの一人旅
Live My Way
レビュー

【2021年版】買って良かったものレビュー【随時更新】

このブログを開始して1年たったが、充実しないサイトになってしまった。。

1週間ほど前、とあるフリーランスの方の買って良かった物のレビュー記事が参考になったので、これから1年かけて、買って良かったものを紹介していく。

【2021年版】としているが、レビュー初年なので、2020年以前のものも紹介する。

インターネット・WEB・アプリ

マネーフォワード ME(家計簿)

■マネーフォワード ME

https://moneyforward.com/

似たようなツールにfreeeがあったが、マネーフォワードMEの方が使いやすかったので、こちらにした。

40代になって初めて家計簿をつけられるようになった。

結論

「お金を貯める」ためには「収支管理」が必須です。

理由

いくらお金を稼いでも、それ以上に使っていたら、お金は貯まらないからです。

具体例

2020年の年末に帰省した。
昔、自営業を営んでいた父が、株式投資をやっていて、1円単位で収支を記録した手帳を見せてくれた。
2020年の収支は黒字だったらしい。
父は、2016年にはほぼ貯金ゼロだったらしい、4年で900万円ほど貯めたと言っていた。
「入るお金」と「出るお金」の把握ができていないと、お金は貯まらないということを、父に教わった。

メリット

銀行口座、証券口座、確定拠出年金、クレジットカード、ICカード・電子マネー、ポイント、現金をすべて一括管理できる。

PC・スマホの両方で使える。

収入と支出のカテゴリがわかりやすく用意されていて、追加もできる。

現金支払いをしたときには、レシートの写真を撮ると自動入力される機能がある。

毎月の支出の内訳が円グラフで一発でわかる。
(車維持費が高いことがよくわかった。)

現在の資産の内訳が円グラフで一発でわかる。

デメリット

給与は、税金・社会保険料が控除された後の天引き後の金額が反映されるが、控除された税金・社会保険料は、手入力しなければならない。

給与天引き項目(控除額)を家計簿に反映する方法

まとめ

お金を貯めるためには「入るお金」と「出るお金」を把握する必要がある。

マネーフォワードMEを使えば、簡単に「入るお金」と「出るお金」を把握することができる。

Youtube Premium

2019年の11月ごろにYoutubeをよく観るようになった。
車検のコバックのCMがうるさかったので速攻でプレミアムに入りました。
(車検のコバックは好きだけどCMが多すぎた。)

結論

Youtube Premium会員になって広告から逃れよう。

理由

広告を見ると損をするから。

大抵のメディアには広告が入っている。
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、フリーペーパー、Google/Yahoo検索結果、Yahooなどの企業が運営するウェブサイト、個人が運営するブログなどのウェブサイトなど。

広告の影響は大きく、脳に、無意識レベルで商品を売り込んでくる。
そして、知らなければ買わないものを、買うはめになってしまう。

具体例

私は広告を見るのが嫌いなのでテレビを持っていない。
一方、両親はテレビ大好きで、毎日テレビを見ている。

年末年始で規制したときに1日中テレビがつけっぱなしで、大手ビール会社のCMが流れていた。
両親はビールは「アサヒスーパードライ」、第3のビールは「のどごし」を買っている。

「アサヒスーパードライ」「のどごし」のCMを見て思うのは、毎回毎回「新しい味」とか「最高品質」とか言っているけど、たいして変わっていないよね、ということ。

ビールを例に出したが、携帯会社も、自動車会社も、保険会社も同じ。

見たら、知らなければ買わなくてすんだものを買ってしまう。
「ただより高いものはない」の典型例。

メリット

買わなくてよいものを買わなくなるのでお金が貯まる。
広告を見る時間を節約できる。

デメリット

知名度が高い広告の話に参加できない。
ものを売る側としての広告の参考材料がなくなる。

まとめ

Youtube Premiumは広告から逃れられるチャンスなので迷わず入会すべき。

アスクドクターズ

作成中

日用品

お掃除ロボット

ECOVACS(エコバックス)DEEBOT OZMO Slim11
created by Rinker

引っ越して、掃除を自動化したかったので買った。

結論

機械に任せられることは機械にやらせて時間を買うべき。

理由

自分で掃除をしてもお金にならないから。

具体例

私は時給約2500円で派遣の仕事をしている。
派遣の仕事をしていないときは時給が発生しないが、派遣業務外でも、時給2500円という計算で行動している。

独り暮らしで、掃除をするのは週に1回。
掃除をすると1回30分はかかる。
つまり、1回約1200円(=月間約5000円、=年間約6万円)のコスト。

このロボット掃除機を2万4000円ぐらいで買ったので、5ヶ月ぐらいで元が取れる。

休みの日は副業をしているので、掃除をしている時間を副業に当てた方が、金銭的にも得。

メリット

独り暮らしで2LK(キッチン+リビング+2部屋)に引っ越したが、L(リビング)以外の3部屋(キッチン+2部屋)は掃除の自動化ができた。

床のものを片付けて、掃除機に水を入れて、スイッチを入れたら、30分ぐらい自動で掃除してくれる=時間を買える。

L(リビング)も床のものを片付ければ、外出中に全部屋掃除してくれる。

床にものを置くとこの掃除機が使えないので、部屋をきれいに保てる。

デメリット

3回に1回くらいはどこかで引っかかって止まってしまう。

部屋の照明が床に置くタイプなので、掃除前の床の片付けが面倒。

まとめ

掃除はお掃除ロボットに自動でやらせて、機械に任せられないことに時間を使おう。

電気毛布

Sugiyama 電気敷き毛布 日本製 洗える ダニ退治 140×80cm NA-023S
created by Rinker

引っ越してたときになくしてしまったので買い直した。

結論

独り暮らしなら、寝室ではなるべくエアコン、ストーブを使わずに、電気毛布で冬を乗り越えよう。

理由

布団さえ暖かければ、寒くなく眠れるから。
電気毛布の方がコストが安いから。

具体例

2LDKの独り暮らしで元々リビングにエアコンが1台ついている物件を借りている。
起きているときはだいたいリビングにいる。
最近は在宅ワークになって、寝ているとき以外はほぼリビングにいる。

もし、寝室用に新しいエアコンを買うとすると、安く見積もっても5万円はかかる。
電気毛布は2500円ほどで買えるので、とりあえず5万円の出費を抑えることができた。
(夏は暑くてエアコン必要かもしれないけど、とりあえず出費を先送りできた。)

メリット

エアコンを買うより安い。

デメリット

なし。
(暖かくしすぎると睡眠によくないらしいので、弱で使っている。)

まとめ

独り暮らしの寝室の暖房は電気毛布で十分。

ホテルスタイル枕 大判(ニトリ)

作成中

スタンドライト電球色(ダイソー)

作成中

運動・エクササイズ

エアロバイク

イグニオ(IGNIO) フィットネスバイク IG-FB002LX YG マグネティックバイク
created by Rinker

自分は旧式のを持っていたので、両親のために最新のを買いました。

結論

運動習慣のファーストチョイスは自宅でエアロバイク。

理由

  1. コスパが良いから
  2. 時間がかからないから
  3. 続けられるから
  4. 動画を見ながらできるから

具体例

  1. コスパ

昔、ジムに通っていて、月額7000円くらいかかっていた。

2万円のエアロバイクを買っても3ヶ月で元が取れる。

  1. 時間がかからない

昔通っていたジムは車で10分ぐらいのところにあった。
往復で20分。
運動前後の着替えに10分。
合計30分はかかる。

家のエアロバイクなら1分で準備できる。

  1. 続けられる

ジムは、行かなくなる。
仕事から帰って、疲れて、ジムに行こうかなと思っても、行きたくない。

家でもやらない時期はあったが、ジムに行くよりは敷居が低い。

  1. 動画を見ながらできる

ジムでも動画を,見れるが、自宅のエアロバイクなら、スマホでもテレビでも、好きな端末eで好きな動画を見ながら運動できる。

メリット

自宅で運動ができる。
有酸素運動ができる。
コロナ禍でも運動ができる。
家族みんなで使える。

デメリット

組み立てるのが面倒くさい。
コンパクトだけど置き場所が必要。
操作パネルが使いにくい。
最大負荷が小さい。
連続使用が60分まで。

まとめ

運動を続けるには自宅でのエアロバイクが良い。

腹筋ローラー

作成中

外食

ライザップサラダ(吉野家)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です